スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
今日は湿度が高く、体調もイマイチで部屋でゴロゴロ
いつのまにかお昼寝していたみたいです。


突然のザーーーーっという雨の音に飛び起きて
洗濯物をあわてて家の中に入れました。


こんな日は読書がいいかも。
これは以前、知人のあっちゃん先生に紹介いただいた本。

オタクで女の子な国のモノづくり (講談社BIZ)オタクで女の子な国のモノづくり (講談社BIZ)
(2007/07/18)
川口 盛之助

商品詳細を見る


題名を見る限りは、特に男性は手に取らず
スルーしてしまいそうな本ですが
なかなかおもしろい視点で書かれたビジネス書。


オタクで女の子な国=日本
日本人ならではの感性のモノづくりが紹介されています。


この「日本人ならではの感性」は
日本人として生まれずーっと日本で暮らしている私たちにとって
その特異性は、なかなか気づきにくいところ。
読んでいると、ほほーっとうなづくことになります。


組織の商品開発を担当されているような方だけでなく
自宅で小さなモノづくりに励んでいる私のような方にも
読んで面白く、ヒントをもらえそうな本であります。


それにしても、ちょっと読んでは気づくと眠っている。
本がつまらないわけでは無く、面白いのですよ!!


最近睡眠不足だったのを
昨日今日で取り返しているようです。






スポンサーサイト
読んだ本の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

夢をかなえるゾウ

2008/07/12 Sat 00:16

以前、知人から勧められ

おもしろそうだな~読んでみたいな~と思っていた本が

夫の実家にありました。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る

つまりは自己啓発本で、書いてあることは

どこかで読んだり聞いたりしたことのあることなのですが




押し付けがましくなく、圧迫感なく、勝ち組になるための

小さな一歩の積み重ねが

どこにでもいる普通のビジネスマンの「自分」を主人公に

小説仕立てで書かれています。



だいたいインドの神様ガネーシャがなんで関西弁?

で、神様なのに禁煙できずにいる姿とか妙に人間くさいんですけど。



読んでるうちにすっかり「ガネーシャ」と「自分」に愛着がわいてきて

一気に読んでしまいました。



これを読んで実行するか、さらに成功できるかは別として

読み物として素直にオモシロイ

このてのポジティブでスカッとする前向きな本

好きです。

読んだ本の紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。